フルクラエア マクドゥガリィ (7号 大苗)  [Furcraea macdougallii]

フルクラエア マクドゥガリィ (7号 大苗)  [Furcraea macdougallii]

販売価格: 19,000円(税込)

SOLD OUT

商品詳細

乙庭 2019秋冬季 待望の新導入種!

激レアな逸品!
アロエのように多肉質で厚みと縁棘のある長い葉を
細葉のアガベのような針山状のロゼットで茂らせ、
年数を経るにつれ、ユッカの大型種のように
下葉を枯らしながらぶっとく木立ちしていく、
アロエ、アガベ、ユッカを足して3で割ったような
レアでカッコいい雰囲気満点の、たいへん魅惑的な
メキシコ原産のキジカクシ科の大型プランツです。

アガベやユッカなどを使ったドライガーデン志向の
植物通の方の間でも、密かに垂涎の的となっている
激レアプランツ!今回は7号ポット植えの
滅多に手に入らない大苗で入荷しました。

乙庭開店当初から、アガベやユッカにとどまらず
マンガべ、ダシリリオン 、ベスコルネリア、ヘスペラロエなど
バラエティ豊かなドライガーデン素材をご紹介してきましたが
今回導入したフルクラエア属も、たいへん魅惑的な一群です。

本種 マクドゥガリィは、メキシコ プエブラ州〜
オアハカ州近辺の乾燥した林野原産の大型種です。
多肉質の長い葉はアロエのように葉縁に短い棘を生じ、
アガベ吹上を巨大にしたような針山状のロゼットを形成します。
そして、年数を経るに連れ、ユッカの大型種のように
太い幹を露出しながらゆっくりと木立ちしていきます。
たいへんダイナミックで珍しい雰囲気と
オーナメンタルなカッコよさ満点の魅惑種です。

やや耐寒性は弱く、強い霜や凍結で
葉が冬傷みしやすいです。
関東平野部以南のごく温暖地で、
建物に隣接して霜や北風を避けられる
南向きの暖かい場所に植えるとよいでしょう。
あるいは南向きで霜の降りないベランダや
屋根下での鉢栽培でもカッコいいでしょう。

同じ地域に原生するアガベやユッカは、
園芸的にもよく知られ人気が高いですが、
フルクラエアは一部の種が屋内観葉植物として
紹介されていますが、ガーデニング素材としては
ほとんど知られていない、
園芸的にも非常にレアな種です。

生態はアガベに似て、数十年かけて
じわじわと巨大に成長し、一生の最後に
壮大な花茎を伸ばして開花し、
株元に子株を残して開花した本体は枯れます。

常緑で乾燥にも強く、
花も葉も楽しめる素材ですので、
ユッカやアガベなどを中心に
ドライガーデンを作っている方のみならず、
新感覚のオーナメンタルプランツとして
ぜひ庭に取り入れてみていただきたい素材です。

ユッカ・アガベ・ヤシなどを庭植えする場合、
それ以外で似合う植物のバリーションが
なかなかないのが難点です。

本種やダシリリオン、マンフレダ、べスコルネリアなど
同原産地系の別属を加えることで、
植栽のボキャブラリーが増し、
庭により奥深さを加えることができます。

また、本種はユッカやアガベとはまた違った雰囲気の
細い針山のようなスパイキーな雰囲気があり、
単調になりやすいドライガーデンの
ワイルドなフォーカルポイントとしても
おすすめです。

ちょっとグラスライクな雰囲気もありますので、
硬い感じのオーナメンタルグラスのような
使い方で宿根草ガーデンに取り込んでも
とても面白いと思います。

まさに新感覚のオーナメンタルプランツ!
ぜひ庭に取り入れたい植物だと思います。

メキシコの中でも比較的温暖な地域原産種です。
耐寒性はやや弱く、
乾いた状態では-3℃程度の耐寒性がありますが、
霜によって葉傷みをしたり
濡れて凍った状態では、より耐寒性は弱くなり、
葉先や根が傷みます。
概ねキダチアロエと同じくらいの耐寒性と
いえるでしょう。

冬期は水やりを控えて乾かし気味に管理すると
生来の耐寒性を発揮しやすいです。

耐寒性を除けば、その他の性質は丈夫で
乾燥にも強く手間もかからず育てやすいです。

国内での流通はほぼ皆無の激レア種です。
この機会にぜひ。


※2020年1月18日 入荷しました。
写真1〜2枚目は今回入荷品のひとつを撮影したものです。
7号ポット植え、葉長さ60cm程度です。
激レア種であるとともに
滅多に手に入らない逸品サイズですよ!
生産者でもごく僅かしか在庫ございません。
どうぞお早めに!
__________________________
学 名: Furcraea macdougallii
科名等:キジカクシ科 耐寒性宿根草
花 期:数十年に一度(開花した株は子株を残して枯れる)
草 丈:3m程度(開花時は5m程度)
お届けの規格: 7号ポット



※ご購入前に【 必ずお読みください 】
※実店舗営業はしばらくの間、休止となります。→詳細