マンガべ ミッション トゥ マーズ (5号 中苗) [xMangave 'Mission to Mars']

マンガべ ミッション トゥ マーズ (5号 中苗) [xMangave 'Mission to Mars']

販売価格: 13,000円(税込)

SOLD OUT

商品詳細

超・乙庭好み!
アガベのようなぼってりとしたロゼット形状と
葉全体に入るチョコレートチップ状の
ブロッチがたいへんワルげでカッコいい、
アガベとマンフレダの交配種 
マンガべ属の最新品種で、
乙庭でも人気の大型種 マッチョモカ にも似た、
柔らかい多肉質の幅広葉で大型の草姿、
そしてマッチョモカよりも格段に密に色濃く入る
紫褐色のブロッチ模様が激カッコいい逸品です。
アガベ特有のイカツい姿でありながら、
葉縁の棘は少なくそして柔らかくいため危なくない、
たいへん多芸で激レア魅惑的な園芸品種です。

海外でも2017年に発表されたばかりで
世界的にも数が少なく超・激レアな逸品です!
ぜひ先取りしてくださいね ^^

本種 ミッション トゥ マーズは、
アガベ プセウドフェロックス、アガベ シャウイー、
そしてマンフレダとの交配で生まれた、
大型で紫褐色のブロッチ模様がとても濃い
たいへんオーナメンタルな品種です。
乙庭で以前から取り扱っている大型の人気品種
マッチョモカ に似て、葉縁の棘小さく柔らかい肉厚葉で、
直径1m程度のアガベのようなぼってりとした
ロゼットを形成する魅惑の逸品!

マッチョモカよりも葉に入るブロッチ模様も
密で濃く、銅葉品種のような様相となり
大株になるとまさに彫刻的な美しさを発揮します。

純系のアガベ属には銅葉系の色みの品種はないので、
本種 ミッション トゥ マーズのような銅葉系品種は
非常に利用価値の高い園芸素材といえます。

マンフレダ属の特徴を引き継いでか、
アガベ属の植物よりも生長はかなり早く、
アガベほど気長に待たなくとも成株になります。

アガベ的な彫刻的な草姿に銅色の葉!
クールビューティなお庭にぜひ取り入れたい
植物だと思います。

昼夜寒暖差の大きいメキシコの砂漠あたりが
起源の植物です。
ナーサリーの情報だと
-5℃程度の耐寒性があるとのことですが、
日本の栽培環境では
霜や湿って凍る環境は苦手です。

冬季-5℃程度になる群馬県高崎市にある
乙庭では、マンフレダの原種は
霜の降りる屋外でも半常緑で問題なく越冬しますが、
本種の親品種のひとつアガベ シャウイーは
やや耐寒性が弱いです。最新の品種で、
まだ乙庭でも実地の耐寒試験を行っておらず、
本種の耐寒性の強さは未確認です。

鉢植えにして冬季は屋内観葉植物として
楽しんでいただくと安全かつ冬の葉傷みもなく
一挙両得でしょう。

マンガベは、耐寒性の品種でも、屋外で越冬させると、
冬の終わりには葉がかなり痛みますが、
球根状になった基部が残り、春には新葉が出て
初夏のころには元のように復旧します。

日向の鉢植えで、春〜秋は庭で、
冬は水を切って屋内観葉として
お楽しみになるとよいでしょう。

アガベやユッカがお好きな方に
ぜひオススメの新感覚のレア種です。

国内流通は皆無です。
この機会をお見逃しなく! ^^


※2019年10月5日 入荷しました。
3月に輸入し、しばらく養生した苗です。
当店オリジナル用土に植えつけて発送いたします。

※ロゼット径15〜20cm程度の苗での販売となります。
参考写真は成長後のイメージです。

※コンパクトにパッキングされて空輸されてきたため、
数枚の葉に傷や折れなど、生育には支障がない程度の
損傷があります。
小株のうちは乾燥気味に締めて育てず、
温暖期に水を与えて栽培することで
新葉が出て株が更新され、姿も整えることができます。
葉の傷等、ご了承の上、お買い求めください。

__________________________
学 名:xMangave 'Mission to Mars'
科名等:キジカクシ科 耐寒性宿根草 冬季常緑種
花 期:初夏〜夏
草 丈:50cm程度
お届けの規格:5号ロングポット



※ご購入前に【 必ずお読みください 】
※実店舗営業はしばらくの間、休止となります。→詳細