ハイブリッドジギタリス イルミネーションアプリコット [Digitalis 'Illumination Apricot']

ハイブリッドジギタリス イルミネーションアプリコット [Digitalis 'Illumination Apricot']

販売価格: 711円(税込) [通常販売価格: 790円]

SOLD OUT

商品詳細

ジギタリスとカナリー諸島原産の植物イソプレクシス
との交配により生まれた世界が注目する最新品種!
花期が長く常緑性、
淡いアプリコット色地の花弁に
花弁の先端がソフトなコーラルピンクとなる、
ちょっとトロピカルムードの花が
たいへん魅惑的なジギタリスの属間交配種です。

まだ国内では流通の少ない
レアで新感覚な品種です。

本種 イルミネーションアプリコットは
2012年チェルシーフラワーショーの
プラントオブザイアーを受賞した、
世界も注目する画期的な品種です。
同シリーズの中でもアプリコット色の
優雅な色みが美しい品種です。

ジギタリスとカナリー諸島原産の植物
イソプレクシスとの属間交配種で、
イソプレクシスの常緑性や枝咲き性・
トロピカルな花の面持ちなどを獲得し、
これまでのジギタリスとはちょっと違う、
熱帯種のロベリアやエキウムの花を
連想させるようなエキゾチックな
雰囲気を漂わせる魅惑種です。

原種のイソプレクシスはやや木立ちに
なる傾向がありますが、
本種はジギタリスに似た草本的な姿となります。


初夏から、草丈70cm程度の花茎を伸ばし、
アプリコット色地の花弁でその
先端がコーラルピンクみとなる
鮮やかで優雅な穂花を咲かせます。

ジギタリスというと、イングリッシュガーデンで
バラとの組み合わせに欠かせないような
ダイナミックで華やかな素材という印象がありますが、
本種は、ちょっと熱帯を感じさせるトロピカルムードもあり、
初夏以降の夏花とのコンビネーションにも有望です。

銅葉のヒビスクスやクロコスミアやカンナ、
派手色のエキナセアや青紫系のグラジオラスなど
夏らしいビビッドな色みの植物と合わせると、
これまでのジギタリスとは違った
プレゼンテーションができます。

ボーダー植栽の中に
この不思議な色の穂花が入るだけで、
思索に富んだ雰囲気が加わり、
植栽に神秘的な深みが増します。

ジギタリスの仲間は花後に弱って枯れ易く、
2年草のような生態になることが多いですが、
本種は花後の刈り戻しにより
夏を越して宿根させることができます。

最新品種でまだ情報が少ないのですが
熱帯植物の血統が入っているため、
耐寒性は通常のジギタリスよりは弱いようで、
-7℃程度とのことです。

暖地でも多年草として長年楽しめる
新感覚のジギタリスといえるでしょう。


※2017年10月29日 入荷しました。

______________________
学 名:Digitalis 'Illumination Apricot'
科名等:ゴマノハグサ科  耐寒性宿根草(-7℃程度)
花 期:初夏〜夏
草 丈:70cm程度
お届けの規格:3号〜3.5号ロングビニールポット
※ご購入前に【 必ずお読みください 】
※群馬県高崎市の実店舗営業はご予約制となります。→詳細