「PLANT COUTURE MAISON 乙庭」庭は刺激する。挑発的ガーデニングライフ ACID NATURE 乙庭 オンラインショップ。
ホーム | 乙苗 > 植物学名 Aアルストロメリア ロックンロール
商品詳細

アルストロメリア ロックンロール[Alstroemeria 'Rock 'n' Roll']

販売価格: 1,450円 (税込)
[在庫数 7組]
数量:  株
※ご購入前に【 必ずお読みください 】
※群馬県高崎市の実店舗営業はご予約制となります。→詳細
まるでギボウシかと思うほど
クッキリと鮮やかな中斑が入る葉も美しく、
真夏を除き初夏〜初冬の頃までの長い期間
繰り返し咲いてくれる花系6〜7cm程度にもなる
大輪のスカーレット花も素晴らしく、
たいへんレア魅惑的な、
アルストロメリアの斑入り最新品種です。

本種 ロックンロールは、
オーストラリアの育種家により
10年という長い歳月をかけて生み出された、
渾身の美麗品種です。

葉には小葉のギボウシかと思うほど、
クッキリと鮮やかな中斑が面積大きく入ります。
この中斑は、若葉のころはクリーム色で、
葉が成熟するにつれ白色になります。
斑の面積割合がとても大きいので、
あたかも白葉に緑覆輪といってもよいくらい、
斑芸が冴えている素晴らしい品種です。

初夏〜初冬まで繰り返し咲く花は
これまた鮮やかなスカーレット色で
夏庭にもよく映え、
秋以降はこっくりと色づくダリアやバラなど、
濃厚な色みの植物にもよく合います。

葉も花も観賞期間が長く、
宿根草植栽でもとても活躍が期待される
完成度の高い品種ですね。

ギボウシと似て非なるこの美葉は
花期以外もお庭来訪者の
話題の的になることでしょう。

カラーリーフのアルストロメリアというと
乙庭ではこれまで、
銅葉系の品種 インディアンサマーと
サマーブリーズをご紹介してきましたが、
本種 ロックンロールは、既出の2品種とも
全く異なる白斑系の品種で、
これまたまさにブレイクしそうな
たいへん新感覚でカッコいい品種です。

アルストロメリアは
昭和の園芸っぽいベタ植物ですが、
そのダサめなイメージを覆す
本種の素晴らしい葉色とのギャップがポイント。
単に目新しかったり、キレイな植物からは得られない、
「懐かしく新鮮!」な新感覚の驚きを与えてくれます。

まだ流通し始めて間もない新しい品種です。
いち早く先取りしてお友達と差をつけたいですね。

春から秋まで美しい葉色を、
晩春〜初夏・秋にはアルストロメリアらしい花形の
鮮スカーレット色の花を繰り返し長期間楽しめる、
とても頼もしい植物です。

よく目立ちつつも他の植物と非常になじみやすいので、
花壇やボーダーガーデンにもよいですし、
大きめの鉢での寄せ植えにもよいです。
黄金葉や水色葉、銅葉の植物などと合わせると、
葉色のコントラストが際立ち、美しいリーフ植栽になります。

本種は葉に白い部分が多く、
銅葉や緑葉の品種よりは直射に弱い傾向があります。
強い日向よりは、やや半日陰か西日を避けられる場所に
植えるとよいでしょう。

日照条件も合うユリの仲間や黄金葉の花木類、
各種ユーフォルビアなどと
合わせてみてはいかがでしょうか。

銅葉のカンナ オーストラリア、
カラーリーフのコロカシアなど、
懐かし新しい植物と合わせてみるのも面白いでしょう。

従来のアルストロメリアと同様の管理で大丈夫です。
場所に合えば、結構手間いらずでよく育ちます。

温暖地では真夏にいったん生育緩慢になります。
最初に咲いた花茎が根元まで枯れたりして
元気がなくなったように見えますが、
地下の根は新たな活動をしていて、
初秋には新芽が出て秋にまた復活し開花します。

高温多湿で弱ることがあります。
密植しすぎて蒸れないように注意してください。

-10℃程度の耐寒性がありますが、
強い霜にあたると芽・根が傷みます。
冬場は堆肥などで厚めにマルチングすると、
施肥も兼ねて保護することができ、翌春以降の成績がよいです。


※2017年3月8日に入荷予定です。
当店オリジナル用土に植えつけて出荷いたします。

_________________________
学 名:Alstroemeria 'Rock 'n' Roll'
科名等:ユリズイセン科 耐寒性球根(-8℃程度)
花 期:初夏〜初冬(真夏は開花少ない)
草 丈:75cm程度
お届けの規格:3号〜3.5号ロングビニールポット
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス